こんばんは。酒井です。

今日は、できる人は知っている!効率的な時間の使い方というテーマでお話していきますね。

できる人が実践している時間の賢い使い方

もしもあなたが、「ものを書く」ことを仕事にしている人ならば、「外部からの情報を断つ環境」を作る必要があります。

あるコピーライターさんは、毎日の時間の使い方を徹底しています。たとえるなら、自分流の時間割を作って、それに沿って一日を過ごすという意味です。

できると言われている人は、割り振り方がとても上手です。

あなたにとって、毎日しなければいけなくて、その日、一番面倒だと思う仕事を午前中に終わらせるようにするとよいそうです。

人間の脳は、午前中が一番活発に動いてくれるそうです。ですので、一番大変だけど、やらなければいけない仕事を一日のスケジュールの最初にもってくるというやり方をされるわけです。

毎日ブログを書いている人やメルマガを書いている人もこれは取り入れるとかなり効果的な時間の使い方ができるようになります。「いやいや。自分は夜型だから。」と突っ込みを入れたそこのあなた。私もそう思ってたんですが、素直にやってみたら、ぜんぜん違う!時間の圧縮度みたいなものが圧倒的に違います。やってみればわかると思うので、ぜひ参考になさってみてください!

私の場合は、どちらも夜8時に配信を予約して保存しているので、配信自体はターゲットさんのブログやメルマガを開きやすい時間帯を狙って配信をしていますが、書くという作業は、午前中一番に終わらせています。これだけはお休みの日も同じです。

誰でもできる!ネガティブな情報を遮断する方法

究極には、

・テレビを見ない。

・携帯の電源を切る。

・ひとりになれる場所を作って、そこにこもる。

です。

これを実際にやっている個人起業家さんを知っています。

プロなんですよね。

ネガティブな情報をネガティブな情報だと、脳は判断できません。だから、夕方のヘッドラインニュースで、連日熱中症で亡くなっている人のニュースや、西日本豪雨の被害の現状を見たり聞いたりしてしまうと、脳にネガティブな情報が入っていって蓄積されていきます。自動的に。

ですので、仕事で納期の迫っているセールレターを書いている時なんて、いい記事なんて書けなくなってしまうとわかっているんです。

だから、あえて、見ない。

そして、書いている作業を中断されると、最初のモチベーションに戻すことができないことも知っているから(それがどれだけ致命的なことかも知っているからこそ)あえて外部からの連絡を遮断するという行動をとっているんです。

仕事のため、プロだから、当たり前。

そう思って、毎日コピーライターとしてお客様と向き合っているんだなと思いました。見習うべきことは多いです!

プロの占い師も実践している「負のオーラ」に取り込まれない方法

私は独学でプロになったので、ホントのところはわかりませんが、知り合いの講座もやっている占い師さんは、クライアント様の「負のオーラ」に巻き込まれない方法を実践して、心の健康を保っていたそうです。

占い師流。負のオーラに取り込まれない方法とは・・・

こちらはビジネス専門サイトなので、つづきはぜひ、私の今日のタロット専門サイトを読んでみてください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

追伸:

勝間勝代さんが、時短術の先駆けだった気がします。もっと詳しく知りたい方は、ぜひ勝代さんの本を参考になさってください!

広告