こんばんは。酒井です。

今日の「絶対成功チャンネル」もしびれました。

「一番いい商品が一番売れるわけではない。」

当たり前のことなんですけど、忘れがちになります。一番いい商品が一番売れているわけではないですよね。私は、ある講座でこの真実を学び、確かにその通りだと思っています。

「優れたマーケティングは、セールスを不要にする。」

ですので、マーケティングが上手な人が、商品をバンバン売っているんですよね。反対に、どれだけいい商品を作っても、それをうまくあなたのターゲットに届けられなければ、売れない。そういう状態になってしまうという厳しい現実があります。

「USPを確立したのも勝ちだよ。」

私の旦那さんは、脱サラしてライブハウスを7年間経営していました。ひとりで。ですので、私よりも経営のことはよく知っています。IQもすごく高いです。(neisaに入れると思います。)だから、理解できないこともいいますし、応援してくれますし、私の一番の理解者だと思っています。いろいろ教えてくれます。(「ザ・ゴール」の主人公と似てますね(笑)彼は奥さまが優秀!助言も的確です。)

最近、煮詰まっていたら、「オリジナリティを確立したもの勝ちだよ」って教えてくれました。旦那さんがUSPとか独自のウリとかウンチクを知っているかどうかは別として。ひとことそう教えてくれました。

「売れている人と売れていない人の違い、わかる?」

「オリジナリティを作れた人の勝ちだよ」という前に、私にそう聞いてきた旦那さん。意図がぼんやりしかわからず、比較された対象について真剣にリサーチしたことがなかった私は、いくつか回答をいいましたが、どれも違ったみたいです。

最終的には、「わからない。何なの?」と素直に聞いてみました。

そこで返ってきた答えが「オリジナリティの確立」でした。

 

個人的には、みんな個性があります。だから、頑張って「差別化」「独自のウリ」「USP」と追い求めれば追い求めるほどに、なぜかお客様に必要とされるサービス作りから離れてしまうというジレンマに陥ってしまっていた私は、最初の頃心に思い描いていた原点に戻ってきました。

それは「売り込まなくても売れるシステムを作ること」です。

「灯台」のように。ある時は、光を求めて人が目指して集まってくれる人になること。

「看板のない名店」のように。どこにあるんや!とお客様から探して求められるお店を作ること。

原点回帰しました。

私は、ずっとそうなりたいと思っていましたし、これからも、そうであり続けたいと思っています。

あなたは、どうなりたいですか?

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

追伸:

今回ご紹介した横山さんの動画。よかったらぜひ!

▼仕事をする「意味」ってなんなの?
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=PFLhxrPCJP0

哲学的な質問に、的確に答えています。横山さんは優れたコンサルタントなのだと思います。

広告