こんばんは。酒井です。

今日は、私が最近思うことを書いていきたいと思います。

そもそも起業塾って何?

あなたが、もし、数百万の自己投資をして、それを受けるだけで本気で成功すると考えているなら、ちょっと冷静になって考え直した方がよいかもしれません。これは私が実際に経験して失敗している話なので、よかったら少しだけこの話に付き合ってください

私が高額講座で大コケしたエピソードはこのブログに何度も出てきます。当たり前ですが、どの講座を受けるにしろ、結果成果が出ない人もいるわけです。その人たちは、一体どうなったと思いますか?少し考えてみてほしいんです。どこに行ってしまったと思いますか?おそらくですが、多額の借金を背負ったまま、働いていると思います。または、違う講座を受けているかもしれません。しかもやはり高額な講座を。なぜなら、人は、知識のスキマを埋めるために、同じ商品を買い続けるという特性を持っているからです。たとえば、フィギュアのコレクションが好きな人は、集めても集めても、また欲しくなります。そこには、そういったどうしても埋められない欲求のスキマといった深い人間心理が働いているからです。洋服が好きな人が、どれだけ服を買ってもまた違う服を何度も買ってしまうように。

昔の偉人に学べ

経営の神様といわれている松下幸之助さん。そのころの日本に、起業するための塾なんてあったでしょうか?なかったと思います。インターネットの環境など、今とは全く違う環境ですから、比べるのはおかしいのではという意見もあるかと思います。ですが、整備が整っていなくても、人には考える力・アイディアを生み出す力が本来備わっています人間本来が持っている力のことです。お金がなかったから、お金を生み出すための方法を考えたり、起き上がることさえできなかったから、医者もお手上げだと言っているし、自分で考えて自分を救おうと思立ったり。そこから、たくさんの本を読み、本から知識を得、そこから生み出されたアイディアが本当に本人を救い、今は全国で多くのお客様に愛用されている商品になり、日本一のお金持ちになった方も実際におられます。その方は、いいます。「それまでの環境があったからこそ、今がある」と。そして、ビジネスは簡単だと。お客様が喜ぶサービスや商品を考えるのが大好きだと。ビジネスとは本来、そういうものなのではないでしょうか。

自己投資をどこまでやるか?

突き詰めるほどに無知を知ることを知っている人は、売上の何%かを自己投資に使います。借金をしてまでするものでは本来ないのではないかと思ってしまうのは私だけでしょうか。自己投資にいくらかけたから必ず成功するというわけではないですし、その線引きはとても難しいと思います。ですが、手元にお金がないのに自己投資を優先するのは順番が逆です。私が、副業から始めた方がいいとクライアント様やメルマガ読者様にお伝えしてきたのには、そういった意味も込めていたつもりです。本来のメッセージが正確に伝わっていたことを願ってやみません。

リアルな人と人とのつながり

ビジネスとは、仕事を通じての人助けだと私は思っています。起業家はアイディアマンなので、市場に必要とされる商品やサービスをいち早く正確にキャッチし、世に生み出して、必要としている人に情報を発信し、届けるのが仕事です。今はネットが普及していますし、これからはAIが市場のほとんどを担っていくと言われています。ですが、だからこそ私たちは、改めて、人と人とのつながりをもっと大切にした方がよいのではないかと思うのです。拝金主義に陥らず、ダークサイドにも落ちることなく、正常な感覚で、世のため、人のためになるサービスを提供できる人が、今の世の中には一番必要とされているのではないでしょうか。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

追伸:
365日夜20時にあなたのビジネスに役立つ情報をリアルタイムでお届けしています。
↓ ↓ ↓ ↓
【今すぐ無料メルマガを購読する。】
*7日間の無料メールセミナーの配信終了後、メルマガがスタートします!
広告